3試合2点じゃ…伊東監督嘆き止まらず「キューバが欲しい」

[ 2014年7月4日 05:30 ]

打線が沈黙しベンチで渋い表情の伊東監督

パ・リーグ ロッテ0-7ソフトバンク

(7月3日 ヤフオクD)
 ロッテは交流戦後、2カード連続の負け越しで借金は再び今季ワーストタイの6に膨らんだ。

 2回1死一、三塁の先制機を逃すなどこの日も好機であと1本が出ずに零敗。今3連戦で得点はソロ本塁打2本による2点のみで伊東監督は「3試合で2点じゃ勝てんよ。笑いしか出んわ」とぼやいた。

 球団フロントがキューバ代表の大砲・デスパイネを調査している中、指揮官は「キューバ(の助っ人)が欲しい。駒がいないとどうにもならない」と嘆き節が止まらなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月4日のニュース