ヤクルト・村中が1軍合流 6日広島戦先発へ意気込む

[ 2014年7月4日 19:17 ]

 ヤクルトの村中恭兵投手(26)が4日、1軍に合流。先発予定の6日広島戦(マツダスタジアム)に向け「自分の力を出せるように」と意気込んだ。

 今季は開幕2軍。昇格後の4月6日阪神戦(神宮)で初登板し、中継ぎで2回を無安打無失点の好投を見せたが、腰の張りを訴え翌7日に登録を抹消されていた。

 約2カ月のリハビリを経て戻ってきた左腕は「(腰の状態が)完璧かどうかは分からないが、投げられる準備はしてきた」と気持ちを高めていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月4日のニュース