中日 16安打9得点で快勝! 山井は7回1失点6勝

[ 2014年6月22日 16:56 ]

<中・ロ>5回のピンチを切り抜けグラブを叩く中日・山井

交流戦 中日9―2ロッテ

(6月22日 ナゴヤD)
 中日は、打線が爆発し16安打9点で快勝した。

 1点先制された直後の初回、エルナンデスの右前適時打で同点に追いつくと、3回2死三塁から藤井の左前適時打でリード。相手の拙守もあり、6安打で4点を入れ試合を優位に進めた。先発の山井は、序盤はボール先行する場面が多かったが、回を重ねるごとに調子を上げ、7回4安打1失点で今季6勝目を挙げた。

 ロッテ先発の石川は、6回16安打9失点(自責点7)と乱調。打線も初回に先制するもそれ以降元気がなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年6月22日のニュース