美馬 久しぶり白星も反省「いい流れでいけていたのに…」

[ 2014年6月22日 19:40 ]

<神・楽>2回、無死一塁、楽天・ラッツ(中央)は右越え先制2点本塁打を放ち生還する

交流戦 楽天5―1阪神

(6月22日 甲子園)
 楽天の美馬が6回、67球で危険球退場した。5回までは3安打無失点の好投。2カ月以上遠ざかっていた白星を、救援陣に負担を掛けて手にしただけに「せっかくいい流れでいけていたのに…。申し訳ない」とまずは反省した。

 それでも、自身の連敗を5で止め、浮上のきっけかけはつかんだ。「勝てただけで大きい。何とかこれで乗っていきたい」と巻き返しを誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年6月22日のニュース