アストライア東地区前期V 4番・川端3安打

[ 2014年6月22日 05:30 ]

<アストライア・フローラ>同点タイムリーを放ったアストライア今井

日本女子プロ野球 ティアラカップ姫路大会

(6月21日 姫路市立姫路)
 トーナメントで争う日本女子プロ野球のティアラカップ姫路大会が21日、姫路市立姫路球場で開幕。1回戦2試合が行われ、アストライアがフローラを9―2で、ディオーネがレイアを5―4で下し、それぞれ決勝に進んだ。

 アストライアはヴィクトリアシリーズを合わせて前期7勝6敗とし、1試合を残して東地区前期優勝を決めた。試合は4回、2死満塁から川端が走者一掃の中越え三塁打を放つなど、今季6勝無敗だったフローラ・矢野から一挙8点を奪った。4番に入って3安打した川端は「期待に応えられるようにと精いっぱいやりました。絶対に負けられない試合でした」と喜びを口にした。

 ▽1回戦
アストライア
 000 810 0─9
 100 001 0─2
フローラ
 (ア)中島、半田、萱野―今井、熊崎
 (フ)矢野、植村―中村茜

 ▽同
レイア 013 000 0─4
ディオーネ 000 210 2X─5
 (レ)里、只埜、石塚―碇
 (デ)宮原、大田―秋山

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年6月22日のニュース