【夏の甲子園 和歌山展望】大本命は智弁和歌山

[ 2014年6月22日 05:30 ]

第96回全国高校野球選手権和歌山大会

 強打の智弁和歌山が抜けている。

 4番の長ら中軸は破壊力満点。今春センバツで好投した左腕の斎藤、右腕の東妻ら投手層も厚い。海南はセンバツ前に死球で右手を骨折したエース岡本の復調次第。昨夏代表の箕島、近大新宮、高野山が追う。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年6月22日のニュース