燃竜また勝てず…“飛ぶボール”使用も打撃戦で競り負け

[ 2014年6月22日 05:30 ]

<中・ロ>厳しい表情で選手交代を告げる谷繁兼任監督

交流戦 中日5-8ロッテ

(6月21日 ナゴヤD)
 「青ユニ竜」がまるで燃えない。「燃竜(もえドラ)デー」として青いサードユニホームを着用した試合は、打撃戦で競り負け。今季このユニホームを着用した5試合は1分け4敗となった。

 「交流戦の途中ぐらいから先発が早い回に大量失点している。どうしても追いかける展開になってしまうんで」

 谷繁兼任監督が努めて淡々と振り返った。

 来場者にレプリカユニホームが配られたこともあり、今季最多の3万8026人が詰めかけたナゴヤドーム。この日は「燃竜デー」の後援企業である全日空が冠スポンサーとなり「ANA」のロゴが入った「飛ぶボール」を使用したが、よりボールを飛ばしたのは14安打8得点のロッテの方だった。

 4回6安打5失点で2敗目を喫した先発の雄太は「先頭打者への四球がいけなかったし、長打されたのはボールが高かった」とガックリだ。赤いユニホームを着用した昨季も2勝5敗だった「燃竜デー」。これで昨年から1分けを挟んで6連敗と、呪縛が解けない。

 ▼中日・和田(2年ぶりの1試合4安打で、通算2000安打まであと45本)打てるに越したことはないけど、勝てなかったというのが一番。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年6月22日のニュース