川崎 無安打も手応え「感じは悪くない」チームは前日の粘りなし

[ 2014年6月22日 14:47 ]

インターリーグ ブルージェイズ1―11レッズ

(6月21日 シンシナティ)
 ブルージェイズは1―11と大敗した。前日は0―8から14―9と逆転勝ちしたが、この日は一方的にやられた。川崎は初対決のリークの前に2打数無安打。ただ、5回は四球を選び、7回は強振した打球が三塁手の正面を突くライナーとなり「感じは悪くない」とうなずいた。

 守備は二塁と遊撃をこなした。正遊撃手レイエスが左膝を痛め、川崎の出番にも影響しそうだ。「いつもセカンド、ショート、サードのどこでもやる準備はしている。問題ない」と力強かった。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年6月22日のニュース