西岡が初実戦 2の0で途中交代に「いい気分ではない」

[ 2014年2月25日 20:09 ]

 右肘の炎症で調整が遅れた阪神の西岡がLG(韓国)との練習試合で実戦初出場した。2打数無安打。ともに飛球だったが「紙一重。ストライクゾーンに反応できたのは収穫。形はできていた」と前向きに話した。

 無安打での途中交代には「悔しくはないが、いい気分ではない」と西岡。「シーズンで結果を残せるように調整していく」と力を込めた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年2月25日のニュース