マー君対戦打者、捕手が絶賛「球速も制球も素晴らしい」「鋭かった」

[ 2014年2月25日 10:42 ]

2度目となる打撃投手を務め、ジラルディ監督(奥左)と笑顔で話すヤンキース・田中将

 2度目の打撃投手を務めたヤンキース・田中将の投球について、捕手と打席に立った打者がともに「球速も制球も素晴らしい」と口をそろえた。

 バッテリーを組んだセルベリは「コーナーを突いていた。いろいろ試したかったが、すべてに応えてくれたよ」と満足げ。「直球にツーシーム、スプリットもスライダーも良かった」と絶賛した。打席で投球を見た招待選手のサイズモアは「鋭かったし、低めにきていた。打ちにくい投手だと思うよ」と話した。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年2月25日のニュース