上原、田沢が打撃投手 ともに25球「新鮮な気持ち」「良かった」

[ 2014年2月25日 10:35 ]

打撃練習に初登板したレッドソックス・上原

 レッドソックスの上原と田沢が打撃練習に初登板し、それぞれ主力を相手に25球投げた。

 上原はフォークボールでペドロイアから空振りを奪う一方で、ナポリには宣言した上で直球を投げ、柵越えを許した。「マウンドに立つと新鮮な気持ちになれる。気持ち良く投げられた」と充実した表情を浮かべた。

 田沢はゴームズとミドルブルックスとの顔合わせ。「内角も投げられたし、初めてにしては良かった。変化球の精度を上げ、ミスを減らしていきたい」と今後のテーマを掲げた。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年2月25日のニュース