黒田 打撃投手で36球に満足せず「まだ全然」それでも焦りなし

[ 2014年2月25日 11:17 ]

打撃投手を務めるヤンキース・黒田

 ヤンキースの黒田は打撃練習に登板して36球を投げた。ジラルディ監督ら首脳陣はベテラン右腕の順調さに目を細めているが、黒田は「こちらの人は褒めるのが好き。まだ全然。自分の頭と投球フォームが一致していない状態」と満足はしていない。

 「この時期はイメージ通りの球が少ない」と、焦る様子はない。例年通り実戦登板を通じて「自分のイメージする球」を増やしていくつもりだ。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年2月25日のニュース