青木 初実戦でいきなり安打「まず1本出てうれしい」こぼれる笑み

[ 2014年2月25日 08:50 ]

紅白戦に「1番・右翼」で出場したロイヤルズ・青木

 ロイヤルズの青木は「1番・右翼」で紅白戦に出場し、第1打席に中前打を放った。

 新チームでの初の実戦。「いいところに転がってくれた。紅白戦とはいえ、まず1本出てうれしい」と笑顔だった。会心の当たりではなかったが、速球派右腕ホチェーバーからの一打を「振り遅れないようにタイミングを取っていた。速い投手でもああやって打てたから十分」と振り返った。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年2月25日のニュース