浅尾 5日ぶりにブルペン入り、肘の状態確かめ40球

[ 2014年2月25日 11:27 ]

 中日の浅尾が25日、5日ぶりにブルペン入りした。20日の投球練習後に右肘の張りを訴え調整ペースを落としていた右腕は、肘の状態を確かめるように約40球。「投げすぎないように気をつけた。張りは誰でもあるし、大きなケガではないので」と話した。

 守護神・岩瀬につなぐ不動のセットアッパー。投手力中心のチームの要となるだけに、今後の状態にも注目だ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年2月25日のニュース