08年北京五輪まで実施、9月のIOC総会で復活ならず

[ 2013年11月21日 05:30 ]

野球・ソフト 東京五輪で復活光明

【野球・ソフト五輪廃止経緯】

 ▼02年8月28日 IOCプログラム委員会が肥大化抑制の一環で、野球を実施競技から除外する案を理事会に提出

 ▼同11月29日 IOC総会で野球などの除外問題が審議されたが採決は行わず、結論を04年アテネ五輪後に先送りすることが決定

 ▼04年5月17日 ジャック・ロゲ会長が夏季五輪国際競技連盟連合との合同会議で、五輪実施競技の変更は12年ロンドン五輪まで行わないと約束。北京五輪での野球・ソフトボールの実施が決定

 ▼05年7月8日 IOC総会でロンドン五輪の実施競技から野球・ソフトボールを除外することが決定

 ▼06年2月9日 IOC総会で野球・ソフトボールの実施競技への復帰を諮る再投票を行わないことが決定。ロンドン五輪での復帰が完全消滅

 ▼08年8月21日 北京五輪でソフトボールの女子日本代表が金メダル

 ▼同8月23日 野球日本代表は4位に終わる

 ▼09年10月9日 16年リオデジャネイロ五輪で、ゴルフと7人制ラグビーを実施競技として採用決定。野球・ソフトボールの復帰ならず

 ▼13年9月9日 IOC総会で20年東京五輪の実施競技にレスリングを選出。野球・ソフトボールとスカッシュは落選

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年11月21日のニュース