阪神 秋季キャンプ打ち上げ“掛布効果”に手応え

[ 2013年11月21日 05:30 ]

安芸での秋季キャンプを終えチーム関係者と握手をする掛布DC(中央)

 阪神は若手主体で鍛えた高知県安芸市での秋季キャンプを打ち上げた。

 OBの掛布GM付育成&コーディネーターが指導にあたるなど活気に満ちた内容に、和田監督は「春はポジション争いがし烈になる」と戦力の底上げへ手応えを口にした。恒例のキャンプMVPには、外野手で俊足と強肩を誇るルーキーの緒方を選び「1軍戦力に放り込んでも十分にやれる」と期待を寄せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年11月21日のニュース