リーグV決定試合は不振でベンチ外 明大・中嶋がV打

[ 2013年11月20日 05:30 ]

<明大・大商大>6回1死一、二塁、勝ち越し2点二塁打を放つ明大・中嶋

明治神宮野球大会第4日大学の部準決勝 明大4―1大商大

(11月19日 神宮)
 明大の中嶋主将が意地の決勝打を放った。同点の6回1死一、二塁から左中間を破る2点二塁打。「チャンスだったのでミスを恐れずに思い切り振った」。

 今秋リーグ戦では6試合で打率・091と不振に陥り、優勝を決めた法大戦はスタンドで観戦。それでも腐らず、早朝6時から素振りをこなし、便所掃除も欠かさなかった。2年前の優勝時には全試合4番を務めた主砲は「最後は(チームに)優勝の置き土産を残したい」と意欲的だった。

  ▼大商大・桂(中日からドラフト3位指名)富山監督に育てていただいた。感謝の気持ちでいっぱいです。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年11月20日のニュース