プエルトリコ代表の39歳コーチ兼任右腕が楽天封じた

[ 2013年11月20日 05:30 ]

<楽天・統一>統一チアガールのパフォーマンス

アジアシリーズ準決勝 統一4―1楽天

(11月19日 台中洲際)
 統一の先発フィゲロアが4安打1失点の完投勝利。投手コーチ兼任の39歳右腕は、今春のWBCで日本を倒したプエルトリコ代表のメンバー。2次ラウンドの米国戦で6回を2安打無失点と快投し、準優勝の立役者となった。

 チームは08年以来の決勝進出。陳連宏監督は「フィゲロアに尽きる。試合を最後までリードしてくれた」と称えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年11月20日のニュース