オリックス 片岡に3年4億5000万円以上オファー

[ 2013年11月20日 05:30 ]

西武からFA権を行使した片岡

 オリックスは19日、西武からFA宣言した片岡治大内野手(30)と都内で初交渉したと発表した。非公開で行い、17日に交渉した楽天の3年契約4億5000万円以上とみられる条件と同等以上の内容を提示したもよう。交渉役の瀬戸山球団本部長は「最大限の誠意をお伝えさせていただいた。非常に喜んでいただけたように受け取っている」とコメントした。球団は、片岡には「少し時間をいただいて検討させていただく」と返答されたとした。

 チームはこの日、ほっともっとフィールド神戸で秋季練習。森脇監督は「ヤス(片岡)はまだまだ伸びしろがある選手。ともにさらなる高みを目指していきたいね」と、条件プラスアルファの情熱で援護射撃に出た。

 「西武に入団した時から注目して見てきた。内野手として極めて高い能力を持っている。そんな選手はあまりいない。ヤスは攻守において(チームに)存在してほしい選手。他の選手の生きた教材にもなってくれる」

 李大浩(イデホ)の退団確定で根本からのチームづくりを余儀なくされているオリックス。打線強化もさることながら、内野の守備力アップのために片岡は是が非でも欲しい戦力だ。楽天ばかりか巨人も獲得に前向きな姿勢で、かなりの決め手がないと争奪戦の勝利は難しい状況。“志”のアピールが心を動かせるかどうか、注目だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年11月20日のニュース