掛布DC 選手との壁ナシ…でも「今成は調子こいてるな」

[ 2013年11月20日 09:11 ]

<阪神秋季キャンプ>選手にノックする掛布DC(左から2人目)

 阪神・掛布雅之GM付育成&打撃コーディネーター(58=DC)が“人生初ノック”を浴びせた。ランチ前に行われたアメリカンノック。一塁後方から走り始めて二塁ベース付近で捕球する方式で、野手13人を相手にした。一人当たり5球プラス、失敗の1球で、計66球。「人がいなかったからね。“ゴロを打つだけでいい”っていうから」。ノックバットを握ったこともほとんどないという掛布DCは、慣れない仕事に四苦八苦だ。

 今成からは「へい、ミスター!」、伊藤隼からは「イージーです!」、森田からは「おーい!」とヤジが飛ぶ中、終始笑顔で打球を転がした。

 「選手といい距離がつくれました。壁を感じないですね。でも、今成は…調子こいてるな」とやり返していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年11月20日のニュース