沖縄尚学が神宮大会初優勝!8点差逆転、7発飛び交う乱戦制す

[ 2013年11月20日 12:32 ]

 明治神宮野球大会最終日は20日、神宮球場で決勝を行い、高校の部は沖縄尚学(九州)が日本文理(北信越)を9―8で下して初優勝を飾った。沖縄県勢の優勝も初めて。

 沖縄尚学は6回まで0―8と日本文理にリードを許していたが、7回に山城大3ランで3点を返すと、続く8回には安里の2ランなどで一挙6点を奪って逆転した。

 5年ぶり3度目出場の日本文理は1試合チーム最多本塁打の大会記録となる5本塁打をを放ち、主導権を握ったが、リードを守り切れなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年11月20日のニュース