鶴岡の心はもう福岡「1年間は単身赴任でいきます」

[ 2013年11月20日 05:30 ]

ソフトバンクの小川一夫編成育成部長(左)、小林至海外兼中長期戦略担当部長(右)と笑顔で話す鶴岡

 ソフトバンクは日本ハムから国内FA宣言した鶴岡と札幌市内のホテルで初交渉を行った。

 獲得に興味を示していた阪神が断念し、現時点で他球団からの連絡もないことから、ソフトバンク入りは決定的。約1時間の交渉を終えた鶴岡の心はもう福岡に飛んでおり、「捕手として高い評価をいただきました。僕の妻(麻奈夫人)が札幌出身。引っ越しの心配もしていただいた。(移籍すれば)1年間は単身赴任でいきます。いずれは(妻にも)来てほしい」と話した。また、小川一夫編成・育成部長は広島からFA宣言した大竹との2回目の再交渉は行わない方針を示した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年11月20日のニュース