星野監督 帰国へ「情報が入ってこない 外国人のビデオも見ないと」

[ 2013年11月20日 17:38 ]

 野球のアジア・シリーズで決勝進出を逃した楽天の星野仙一監督は20日、大会が開催されている台湾から日本に向けて帰国の途に就いた。

 球団創設9年目で初のパ・リーグ優勝に導き、自身初の日本一にも輝いた。大躍進の一年に区切りがつき、報道陣に向けて「やっと終わったな。お世話になりました」と笑顔で話した。

 帰国後は来季に向けての戦力の整備など、まだまだ多忙な日々が続く。「海外にいると(日本の)情報が入ってこない。外国人のビデオも見ないと」と話した。

 楽天は19日の準決勝で統一(台湾)に敗れた。チームは21日に帰国する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年11月20日のニュース