CS逃しても緊張切らさず 目を細める中畑監督「去年と違う」

[ 2013年9月25日 23:33 ]

8回、多村が勝ち越し3ランを放ち、手をたたくDeNA・中畑監督

セ・リーグ DeNA4―2阪神

(9月25日 甲子園)
 24日にクライマックスシリーズ(CS)進出の可能性が消えたDeNAだったが、緊張の糸は切れずに勝利へ一丸となっていた。投打がかみ合っての快勝で、阪神戦の負け越しがなくなった。

 勝利を呼び込んだのは途中出場の多村だ。1―1の8回に中越えに12号3ランを放ち「昨日CSがなくなったけれど常に一つでも順位を上げるためにやっている」と頼もしい。試合前のミーティングで選手たちに残り試合で全力を尽くすように説いた中畑監督は「去年と違う1年間だったと今日の勝ちで感じるね」と目を細めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月25日のニュース