大阪桐蔭 センバツ絶望的、秋季大阪大会4回戦でコールド敗退

[ 2013年9月25日 18:53 ]

 昨年、高校野球の甲子園大会を春夏連覇した大阪桐蔭が25日、大阪府吹田市の万博記念公園球場で行われた秋季大阪大会4回戦で履正社に1―13の5回コールドゲームで敗れ、5季連続となる来春の選抜大会出場は絶望的となった。

 2回にソロ本塁打で1点を先制したが、3、4回にともに打者一巡の猛攻を受けて計12失点。さらに5回にも1点を加えられた。西谷監督は「ミスにミスを重ね、それをカバーできなかった。粘りきれず、力不足」と唇をかんだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月25日のニュース