国学院大・杉浦 今季初勝利「あそこは意地で投げた」

[ 2013年9月25日 06:00 ]

<駒大・国学院大>力投する国学院大・杉浦

東都大学野球第3週第1日 国学院大6―2駒大

(9月24日 神宮)
 国学院大のエース右腕・杉浦が2失点で完投し今季初勝利。2点リードの8回1死満塁では連続三振で踏ん張り「チームに迷惑を掛けていたし、あそこは意地で投げた。これを機に(調子を)上げていかないといけない」と振り返った。

 7日の拓大との開幕戦では5回5失点でKOされていただけに、鳥山泰孝監督は「ストライク先行で、あいつらしいゲーム運びだった」とホッとした様子だった。

 ▼駒大・江越(7回に右越えソロ)入ると思わなかったのでびっくりした。(右方向への一発は)オープン戦でもない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月25日のニュース