楽天 ハウザー 初回わずか13球で危険球退場

[ 2013年9月25日 18:21 ]

<西・楽>1回2死、栗山はハウザーから頭部に死球を受ける

パ・リーグ 楽天―西武

(9月25日 西武D)
 楽天の先発ハウザーが初回、わずか13球で危険球退場となった。

 西武を相手に先頭のヘルマン、続く片岡を連続三振に仕留め、快調なスタートを切ったが、3番栗山の3球目が頭部を直撃。石山球審に危険球退場を命じられた。危険球退場は今季パ・リーグで7人目、両リーグ10人目。

 楽天は急きょ、右腕の福山をマウンドに送り、4番浅村を中飛に打ち取り、急場をしのいだ。

 ハウザーはこの試合が19試合目の登板で1勝1敗だった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月25日のニュース