内海 自己ワーストタイ9失点KO 3年連続最多勝絶望的

[ 2013年9月25日 06:00 ]

<ヤ・巨>4回を終えて4失点の内海はグローブを投げつけて悔しがる

セ・リーグ 巨人3-10ヤクルト

(9月24日 神宮)
 3年連続最多勝の夢は消えた。巨人の先発・内海は4回1/3で11安打を浴び、自己ワーストタイの9失点KO。「ボールが先行してしまった。修正しきれず、(結果的に)真ん中に集まってしまった」。

 象徴的だったのが2回2死一塁で川島に浴びた先制2ラン。3球目の直球が真ん中に入って被弾した。3、4回も失点し、5回には大量5失点。同じ敵地、同じ石川と投げ合った06年7月15日以来の大量失点だ。

 内海は13勝で足踏みとなって、リーグトップの15勝を挙げる広島・前田健、ヤクルト・小川との差を縮められなかった。今後について、川口投手総合コーチは「もういかないよ。CSに向けて調整させる」と、きょう25日にも出場選手登録を抹消することを示唆した。

 中6日ならば残り2試合に登板可能だが、10月16日からのCSファイナルSを優先して調整に入る。代役はルーキーで1軍初登板の公文、中継ぎに配置転換された沢村が濃厚だ。内海について、原監督は「神経質なコメントを出すことはない。立て直してくるでしょう」と変わらぬ信頼を口にした。セ・リーグ初、左腕史上初の偉業は消えたが、チームのため充電する。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月25日のニュース