ダルビッシュ14勝目ならず…今季投球回は200イニング突破

[ 2013年9月25日 10:56 ]

アストロズ戦の6回、ドミンゲスに同点ソロを浴び、汗をぬぐうレンジャーズ先発のダルビッシュ

ア・リーグ レンジャーズ3―2アストロズ

(9月24日 アーリントン)
 米大リーグ、レンジャーズのダルビッシュは24日(日本時間25日)、アーリントンでのアストロズ戦に先発、2回を終了し、今季の投球回数が200イニングを突破した。ダルビッシュの200回突破はメジャー2年目で初めて。

 ダルビッシュは初回1死からアルテューベに左前打を許すと、連続四球で満塁のピンチを招き、カーターの左犠飛で1点をされた。2回に先頭のウォーレスを空振り三振に仕留め、今季の投球回が200回に到達。この回はバーンズから三振を奪い、3者凡退に抑えた。

 レンジャーズは1点を追う4回2死二塁からソトの右前適時打で同点に追いつき、5回に1死二塁からマーティンの左前適時打で2―1と勝ち越した。

 2回以降は5回まで無失点に抑えていたダルビッシュだが、勝ち越した直後の6回、先頭のドミンゲスに左翼ポール直撃の同点ソロを被弾。1死後、クローに四球を与えて降板した。結局、5回1/3で101球を投げ、4安打4四球で2失点、9奪三振だった。チームは3―2で勝った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月25日のニュース