バレ 暴言で来日初の退場 24打席ノーアーチにイライラ爆発

[ 2013年9月25日 06:00 ]

<ヤ・巨>7回無死、見逃し三振に倒れたバレンティン(右)は渡田球審に暴言を吐き退場処分となる

セ・リーグ ヤクルト10-3巨人

(9月24日 神宮)
 ヤクルトのバレンティンが来日初の退場処分となった。3打数1安打で迎えた7回。1ボール2ストライクから内角直球で見逃し三振に倒れ、この判定を不服として渡田球審に暴言を吐いて退場を宣告された。

 興奮したバレンティンはなおも渡田球審に詰め寄った。小川監督が何とか制止したが、18日のDeNA戦(横浜)で58号を放って以来24打席ノーアーチのイライラが爆発した格好だ。逆転3冠王の可能性もあるだけに、試合後は「状態がよくない中でああいう(ボールと思った)球をストライクと判定され、頭に来て悪い言葉を発してしまった」と反省していた。

 ▼渡田球審 明らかに審判に対する暴言。“FUCKING BULLSHIT”と聞こえたので聞き直したら、もう一度同じ言葉を繰り返したので退場を宣告した。

 ▼ヤクルト・石川(3失点完投で2000投球回を達成して6勝目)記録は知らなかった。規定投球回数をクリアしたいので長く投げようと思ってた。でも、まだ2000回か、という感じ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月25日のニュース