高木監督が今季限りでの退任示唆 球団容認 CS進出初めて逃す

[ 2013年9月25日 22:45 ]

広島に敗れ初めてCS進出を逃し、引き揚げる中日・高木監督

 中日の高木守道監督(72)が25日、ナゴヤドームで行われた広島22回戦に敗れてクライマックスシリーズ進出の可能性が消滅したことを受け「最初から分かっている」と今季限りでの退任を示唆した。

 高木監督は今季が2年契約の最終年。井手峻球団代表は「(高木)守道さんも最初からそういうつもりだったしね。常識的に判断してください」とした上で、今後のチーム方針については「まだ何も決めてない」と話した。

 チームは開幕直後から低迷し、この日、2001年以来、12年ぶりに4位以下のBクラスが確定した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月25日のニュース