西武 逆転CSへ劇勝 9回ヘルマンが来日初のサヨナラ打

[ 2013年9月25日 06:00 ]

<西・楽20>9回1死三塁、サヨナラ打を放ったヘルマン(中央)を祝福する西武ナイン

パ・リーグ 西武4-3楽天

(9月24日 西武D)
 4年連続のCS進出へ、まだまだ諦めない。9回1死三塁から西武・ヘルマンが左前に運ぶ。来日2年目で初のサヨナラ打となり、3連勝を飾った。

 「がっつかないで自分が打てる球を待って、きっちり打った結果。とてもいい気分」。リードオフマンの声が弾んだ。突破口を開いたのは、プロ6年目の鬼崎だった。9回1死。青山の初球を左中間にはじき返すと、左翼・枡田が若干ファンブルしたのを見逃さなかった。一気に三塁へ。ヘルマンの劇的な一打を呼び込み「サヨナラのホームは格別です」と笑った。

 反撃の口火も鬼崎だった。2点を追う8回、先頭で中前打。この回3点を奪い、3連敗中と苦手にした則本をKOした。守備の男が打力アップで「9番・遊撃」に定着。渡辺監督も「チャンスメークできる9番がいると上位につながる」と称えた。8月31日以来の貯金1。3位・ソフトバンクに2ゲーム差と迫り、逆転でのCS進出が見えてきた。楽天とは26日、27日も西武ドームで戦う。目の前の胴上げだけは阻止する。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月25日のニュース