侍ジャパン東尾コーチ ライバル視察へ極秘渡韓へ

[ 2012年10月31日 06:00 ]

 来年3月に行われるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場する侍ジャパンの東尾修投手総合コーチ(62)がライバルの韓国を視察するため、31日に極秘渡韓することが30日、分かった。

 現在、韓国では日本シリーズに当たる「韓国シリーズ」がSKとサムスンの間で行われており、ここまで2勝2敗。東尾氏は31日の第5戦と11月1日の第6戦を視察する予定だ。韓国とは連覇した09年の前回WBCで5度対戦。通算3勝2敗で、決勝戦では延長10回の熱戦を戦うなど日本にとって最大のライバルだ。

 SKには前回のWBCに出場し、韓国シリーズ第4戦で勝利投手になった左腕・金広鉉、同戦で一発を放った崔廷らが在籍。サムスンにも今季17勝で最多勝の張ウォンサム、昨季までオリックスでプレーした李スンヨプらがいる。山本監督も「WBCは各国のプロが集まる。中身が違う」と話しており、まずは東尾コーチが自らの目で戦力を分析する。また、11月10日からは山本監督らとともに台湾へ視察に赴く。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月31日のニュース