4時間4分は9回試合で歴代6位!先発全員安打は9度目

[ 2012年10月31日 06:00 ]

<日・巨>3回2死長野の中前への打球を突っ込んで取ろうとした陽がワンバウンドしたボールを股間に当てる

日本シリーズ第3戦 日本ハム7―3巨人

(10月30日 札幌D)
 日本シリーズ9回試合の最長時間は、98年西武―横浜第5戦の4時間15分。この日の4時間4分はこれにあと11分と迫る、9回試合歴代6位の熱戦になった。

 なお、延長戦も含めた日本シリーズの最長時間記録は、10年中日―ロッテ第6戦(延長15回)の5時間43分。

 また、日本ハムは8回に3番の糸井が二塁打を放ち、先発全員安打。日本シリーズの先発全員安打は、10年ロッテが中日との第5戦で記録して以来9度目。日本ハムは前身球団を通じ初めてだ。なお、全員安打は66年巨人が南海第6戦で記録した1度しかない。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月31日のニュース