寺原がFA権行使を明言 ソフトバンク移籍が濃厚

[ 2012年10月31日 19:46 ]

 故障者特例措置で国内フリーエージェント(FA)権を取得したオリックスの寺原隼人投手が31日、権利行使することを明らかにした。この日、球団と話し合った同投手は「自分の意思を伝えた」と話した。

 オリックスからは2年、総額2億円で残留を要請されており、近日中に再度交渉を受ける予定。寺原は移籍を視野に入れているとみられるが「百パーセント、こっち(オリックス)に残らないと決めたわけではない」とも話した。行使なら古巣ソフトバンクが獲得に乗り出すもようで、移籍の可能性が高い。(金額は推定)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月31日のニュース