真栄平 代打で公式戦初本塁打!明大 2季連続Vに王手

[ 2012年10月31日 06:00 ]

<明大・立大>7回、明大の代打・真栄平が左越えソロを放つ

東京六大学野球 新人戦第2日・準決勝

(10月30日 神宮)
 準決勝2試合が行われた。第2試合は興南(沖縄)時代の10年甲子園で史上6校目の春夏連覇を達成した明大・真栄平大輝内野手(2年)が、7回に代打で公式戦初本塁打をマーク。チームも立大に6―1で快勝し、2季連続の新人戦優勝に王手をかけた。第1試合は法大が早大を8―4で下した。31日は明大―法大の決勝と立大―早大の3位決定戦が行われる。

 明大期待の大砲・真栄平に待望の公式戦初アーチが飛び出した。7回に代打で登場すると、2ボールからの直球を流し打って左翼席に運んだ。「リーグ戦で結果を出せていなかったので打ちたかった」と安どの表情を浮かべた。リーグ戦では通算5試合に出場して3打数無安打。興南のチームメートの島袋は中大でエースを務め、1学年下の大城も立大で主力として活躍するだけに「打撃で勝負していきたい」と闘志を燃やしていた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2012年10月31日のニュース