ウルフ 高校の先輩ホールトンに勝ち助っ人初初登板初勝利

[ 2012年10月31日 06:00 ]

<日・巨>日本ハム先発のウルフ

日本シリーズ第3戦 日本ハム7―3巨人

(10月30日 札幌D)
 日本ハムの先発のウルフが、球団の外国人投手としては史上初めて初登板初勝利を飾った。

 「いい打者がそろっているから、とにかくアグレッシブにいった」と序盤からツーシームやカットボールを中心に押し5回2失点。リードを保って中継ぎ陣につないだ。相手先発のホールトンは、米カリフォルニア州アナハイムの母校サーバイト高の2学年先輩。同門対決を見事に制し「(今後も)言われたところで行けるようにしたい」と話した。

 ▼日本ハム・宮西(2失点の第1戦以来の登板で6回を抑え)初めて本拠地は投げやすいと思った。

 ▼日本ハム・増井(8回にピンチを招いて失点し)狙ったところに投げられなかった球をヒットにされた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月31日のニュース