常総学院 延長サヨナラ勝ち!2季連続の甲子園に前進

[ 2012年10月31日 06:00 ]

延長12回を1人で投げ抜いた常総学院・飯田

秋季高校野球関東大会準々決勝 常総学院6-5佐野日大

(10月30日 城南)
 来春センバツの重要な参考資料となる秋季高校野球関東大会が30日、群馬県内で行われ、4強が出そろった。常総学院(茨城1位)は延長12回の末、佐野日大(栃木1位)にサヨナラ勝ちし、2季連続の甲子園出場が有力となった。31日は準決勝2試合が行われる。
【試合結果】

 常総学院がサヨナラ勝ちで2季連続甲子園に大きく前進した。11安打5失点も、174球を1人で投げ抜いたエース右腕の飯田は「チームが勝てるような投球をしようと思った。最後まで投げきろうと思っていた」。初回と3回に自身初の2打席連続本塁打を右翼席に運んだ3番・高島は「甲子園で松井(桐光学園)と対戦して、松井以上の投手はいないと余裕を持っていける」と、甲子園での経験を強調した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月31日のニュース