武田久 投球内容には不満も「明日以降はしっくりいく」

[ 2012年10月31日 06:00 ]

日本シリーズ第3戦 日本ハム7―3巨人

(10月30日 札幌D)
 日本ハムの武田久は9回を無失点で切り抜けたが、内容には満足していない様子だった。4点リードで登板すると2死から連打を浴びた。

 最後は実松を中飛に仕留めたが「ちょっと点差があったので。すんなりいきたかったけれど」と話した。ただチームがようやく白星を挙げたことで、表情は晴れやかだった。「肩がちょっと軽かったけれど、いい張りが出て明日以降はしっくりいくと思う」と気持ちを切り替えていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月31日のニュース