浅尾 8回を完璧!「とりあえず良かった」 PS全4試合に登板

[ 2012年10月17日 22:45 ]

8回から3番手として登板した中日・浅尾

セ・リーグCSファイナルS第1戦 中日3-1巨人

(10月17日 東京D)
 中日の浅尾が2―1の8回に登板し、2番から始まる上位打線を完璧に抑えた。藤村、坂本をいずれも速球で左飛に打ち取ると、主砲の阿部は133キロの変化球で空振り三振に。「大きいのを打つ人の前に、走者を出したくなかった。とりあえず良かった」とほっとした様子で話した。

 ファーストステージのヤクルト戦は3試合すべてに登板。接戦が予想される今ステージも出番が多くなりそうだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月17日のニュース