星野監督“走塁ミス撲滅”熱望 アーリーワークは廃止…

[ 2012年10月17日 06:00 ]

 楽天・星野監督が走塁ミスの撲滅をナインに訴えた。Kスタ宮城で秋季練習がスタートし「この球場では来季も一発をあてにできない。今年は走塁ミスが多かった」。

 本拠は他球場に比べて両翼101・5メートルと広く、今年のチーム本塁打は12球団最少の52発。来季は足を絡めた攻撃が不可欠で今回の秋季練習では走塁練習に時間を割く方針だ。また、大久保打撃コーチが来季から2軍監督に配置転換されたため、同コーチが導入したアーリーワーク(早出練習)は行われなくなった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月17日のニュース