バーランダー討ちへ 1番イチロー、速攻で崩す

[ 2012年10月17日 06:00 ]

ア・リーグ優勝決定シリーズ第3戦 ヤンキース―タイガース

(10月16日 デトロイト)
 ヤンキースは敵地デトロイトへ移動し、チーム練習は行わなかった。タイガースの第3戦先発は大リーグ屈指の右腕バーランダー。攻略の鍵を握るのは、左足首骨折のジーターに代わって1番に座るイチローだ。

 通算成績は55打数17安打の打率・309、1本塁打、6打点。過去に「それぞれ(の球種が)一級品だからね。どれでも三振が取れる。(回が進むにつれ)だんだん厳しくなるピッチャー」と評しているだけに、序盤で崩したいところだ。同シリーズが7回戦制となった85年以降、本拠地で連敗スタートした13チームはいずれも敗退している。リーグ優勝確率0%の厳しいジンクスを破れるか。全ては背番号31のバットに懸かる。

 ▼ヤンキース・テシェイラ(電話会見で)1打席で7点奪ったりすることは不可能だ。1球ごとに集中して、無理せずできることをやる。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月17日のニュース