金メダルの村田が始球式 ワンバンに「一番中途半端」

[ 2012年10月17日 18:40 ]

巨人―中日戦の始球式を務めるロンドン五輪・ボクシングで金メダルの村田諒太

 ロンドン五輪のボクシングで金メダルを獲得した村田諒太(東洋大職)が始球式を務めた。丁寧に四方に頭を下げてから投じた球はワンバウンドとなり「一番中途半端。笑いにもならない恥ずかしさがあった」と照れ笑いを浮かべた。

 前日に投球練習をした際に、投球フォームで右腕を振る動作とボクシングで似通った部分を発見したという。村田は「右ストレートの動き。ボクシングに通じると思った」と刺激を受けていた。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月17日のニュース