猛打一転 打線沈黙…マシーニー監督「次は違った対応を」

[ 2012年10月17日 06:00 ]

ナ・リーグ優勝決定シリーズ第2戦 カージナルス1―7ジャイアンツ

(10月15日 サンフランシスコ)
 地区シリーズからリーグ優勝決定シリーズ第1戦まで、6試合で計38得点と好調だったカージナルス打線が、この日はボーグルソンを攻略できず1得点。マイク・マシーニー監督も「変化球を効果的に使われた。テンポも良く、打者のタイミングを崩していた」と脱帽した。

 今シリーズで再戦の可能性もあるだけに、指揮官は「次は違った対応をしたい」と雪辱を誓った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月17日のニュース