広島 前オリ2軍監督の新井氏にコーチ就任要請

[ 2012年10月17日 06:00 ]

 広島が来季1軍打撃コーチとして、前オリックス2軍監督の新井宏昌氏(60)に就任を要請したことが16日、分かった。近日中に条件面などを含めた正式交渉に入る。

 新井氏の指導者としての実績は申し分ない。94年にオリックスの打撃コーチに就任。イチロー(現ヤンキース)の才能をさらに伸ばした。ソフトバンク打撃コーチ時代には川崎(現マリナーズ)や本多らを育てた。

 今季の広島は9月中旬まで3位を守りながら、その後に急失速して球団初のクライマックスシリーズ進出を逃した。その最大要因がリーグ5位のチーム打率・233で、得点力不足の解消が来季へ向けた大きな課題。OB以外での外部からのコーチ招へいは、山本浩二監督時代の01~03年に1軍チーフ兼打撃コーチを務めた松原誠氏以来。実績十分の名伯楽に再建を託す。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月17日のニュース