花巻東・大谷がプロ志望届提出へ「悔いのない野球人生に」

[ 2012年9月18日 18:15 ]

プロ志望届を手に笑顔を見せる花巻東高の大谷翔平投手

 7月の全国高校野球選手権岩手大会で球速160キロをマークした花巻東の大谷翔平投手が18日、花巻市内の同校で記者会見し「日本プロ野球かメジャーリーグの志望を決めた」とプロ入りの意思を表明した。19日にプロ野球志望届を岩手県高野連に提出する。

 右腕は18U(18歳以下)世界野球選手権の日本代表にも選出された。打者としての長打力も光るが、本人は「投手でやっていきたい」と希望を話した。

 今後は獲得を争う日米各球団との面談を行い、10月25日のドラフト会議を前に米大リーグ挑戦か、プロ野球入りかを決める。国内を選んだ場合は「意中の球団はない。どの球団でも悔いのない野球人生にしたい」との考えを示した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年9月18日のニュース