グライ3年ぶり10勝 日本シリーズで古巣・巨人と対戦希望

[ 2012年9月18日 06:00 ]

<楽・ロ>初回2死一塁角中の適時三塁打で生還したサブローをグライシンガーが迎える

パ・リーグ ロッテ11-5楽天

(9月17日 Kスタ宮城)
 3年ぶりの2桁勝利を挙げたロッテのグライシンガーが、古巣との対戦を熱望した。巨人の3年ぶりのリーグ制覇が目前に迫っている中、「(巨人は)打力も投手力も素晴らしい。ロッテはプレーオフ(CS)に進出できるかどうかの瀬戸際だが(日本シリーズまで)勝ち抜いて対戦したい」。

 最近2年は右肘の故障に苦しんだが、今季は7月に背筋痛を訴えた以外は、ローテーションを守ってきた。この日も中5日で8回を4安打3失点。3回は守備の乱れも重なって3点を奪われたが、なおも1死満塁のピンチでは得意のチェンジアップで銀次を三飛、草野を一ゴロに仕留めた。チームは3連勝で4位に浮上した。「これくらいはやってくれると思っていた」と西村監督。順調ならば助っ人の先発はあと3度。3戦全勝が逆転CS進出への条件ともいえる。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年9月18日のニュース