ブラゼル退団へ マートン、メッセ&スタンは残留濃厚

[ 2012年9月18日 21:52 ]

 阪神のクレイグ・ブラゼル外野手(32)が今季限りで退団することが18日、確実になった。マートン外野手、メッセンジャー、スタンリッジ両投手は来季も戦力構想に入っており、残留が濃厚。

 ブラゼルは来日5年目の今季、98試合で打率2割3分3厘、12本塁打、43打点と不振だった。この日、米国に帰国する前の関西空港で、来季については「日本でプレーすることを一番に考えたい」と話した。

 西武時代を含めた日本での通算成績は118本塁打、365打点、打率2割6分9厘。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年9月18日のニュース