天敵・摂津に打つ手なしで今季5敗目…西武痛い3連敗

[ 2012年9月18日 06:00 ]

<ソ・西>ベンチで戦況を見つめる渡辺監督(右)

パ・リーグ 西武1-2ソフトバンク

(9月17日 ヤフーD)
 ソフトバンクの摂津に今季5敗目を喫し、西武の渡辺監督は「同じプロなんだから、そんなに負けちゃだめ」と首を振った。

 この日も0―2の3回に1点を返したが、同点のホームが遠い。土井ヘッドコーチが「対策しても裏をかいてくる。まるでイタチごっこ」と天を仰げば、内野安打1本に終わった中島は「(摂津は)いつもと一緒。コントロールがいい。低めに決まっていた」と振り返った。摂津の降板後、8回の同点機でも中島、中村が凡退。力ない二ゴロだった中村は「打てる球が来た、と力んで体が開いた」と猛省。優勝争いの大詰めにきて、痛い3連敗。指揮官は「今はうちの状態が悪い。ここで踏ん張るしかない」と、自らに言い聞かせた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年9月18日のニュース