明大・岡 スタメンで4番・一塁、9回から救援4回零封

[ 2012年9月18日 06:00 ]

東京六大学野球第2週第3日 明大5-4立大

(9月17日 神宮)
 3回戦1試合が行われ、明大が延長12回の末に立大を5―4で下し、勝ち点を挙げた。岡大海(ひろみ)投手(3年)は「4番・一塁」で先発出場し1安打1打点、投げては9回から4番手で4回無失点と投打でチームをけん引した。立大は開幕から2週連続で勝ち点を落とした。

 明大の岡大が投打でフル回転した。自身初の4番に座り6回に右犠飛で打点を挙げ、4―4の延長12回には左前打。「チャンスで打てればと思っていた」。さらに50メートル5秒8の俊足を生かしリーグ戦初盗塁もマークし、中嶋の右前打で決勝のホームを踏んだ。9回無死二塁のピンチでは一塁からマウンドに上がり4回を無失点。「(9回の登板は)いつでもいける準備はしていた」と振り返った。決勝打の中嶋は「岡が投げて打って走っている姿を見て楽にさせたいと思った」と同学年のエースを援護した。岡大は次週の早大戦へ向け「二刀流あっての自分。役割を果たしていきたい」と意欲的だった。

 ▼明大・宮内(7回にリーグ戦1号の左越えソロ)来た球を打つことしか考えていなかった。風に乗ってくれた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年9月18日のニュース